アップスタイルの講習

毎月、磐田市の美容院にアップスタイルの練習に行っているのですが、磐田駅の周辺にとてもきれいなイルミネーションが飾ってあったので近くまで行ってみました。

流行りのフォトジェニックな写真を撮ろうかと思ったのですが...
「人と自分に一日一善」の昇り旗の行列が、なんだかミスマッチで笑えました。

ちなみに練習したスタイルは、ちょっと派手目な成人式スタイルです。

寒いけれど練習も頑張ります!

hair studio BLUEBERRY|浜松市のヘアサロン(理容室・床屋・美容室)

全国理容競技大会

少し前のお話ですが、理容競技大会の全国大会が静岡県で行われました。
毎年、各県で持ち回りですので、静岡での開催は久し振りの事です。

自分は今年、組合の役をやっているのでスタッフとして動員されました。

横断幕とか、ちょっと他の大会では見ることができない凄い気合が入っています。上位入賞者は世界大会へつながっていくので当然ですよね。

自分はスタッフの立場を利用して、かなり近くで見ることができてラッキーでした。

これは、クラシカルバックバリエーションという種目で、今年の春リホさんが出場したクラシカルバックがベースで、前髪のみカラーや質感などのバリエーションが施された作品です。

こちらは、メンズのスタイル。刈上げと面で男らしさを出す、理容技術の基本が詰まったようなスタイルです。モデルさんが半端なくダンディーです^^;

レディススタイルはショートのボブ。よりサロンワークに近い感じのコンテストになっていますが、女子のスタイルは華があって良いですね。

自分は結局スタッフとして丸一日拘束されてしまいましたが、隙を見ては抜け出してコンテストの方を見に行っていました。大変でしたが、モデルさんの髪の質感や選手の動きを間近で見れたのでよかったです。

ゆかたアップスタイルの練習

先週の夜はアップスタイルの講習会がありました。

同じものを作ったはずなのに、なぜかみんな違いますね^^;

今回は、浴衣に合うスタイルです。
きれいなお姉さんの浴衣姿を妄想しながら、作りました(変態)

あんまりキリッとしたスタイルですと、湯上りのイメージと離れてしまうので、ちょっとゆるい感じに作ります。
ただ、ゆるい感じでまとめるってのも、 すぐにくずれてしまいそうで逆に難しいです(汗)

ヘアケアマイスター受験します

皆さんは、ヘアケアマイスターという資格があるのを知っていますか?
主宰である、日本ヘアケアマイスター協会のHPを見ると、ヘアケアマイスターの定義が載っています。

「 美容業界において名誉と権威ある称号 」

何やら凄いことが書いてありますが、簡単に言うと「お客さんの髪の毛や頭皮のトラブルに対応できる知識のある人」という感じです。

そしてこの資格は、 次のようにレベルアップしていきます。
プライマリー → ミドル → マイスター1次 → マイスター2次
ブルーベリーのオーナーはすでにマイスター2次までクリアしています。

ということで、今度はスタッフたちに試験を受けるよう強要・・・
いや、自発的に受けることになったようです。

スタッフの1人、リホさんは理美容学校ですでにプライマリーの試験をパスしているので、今回はミドルの試験ですが、現役に一番近いので大丈夫だと思います。

問題は残りの2人...


スタッフ、kiekoとyuriは、〇〇歳になって初めてのヘアケアマイスター試験に挑戦します!!(宣言)

この2人、何にでも挑戦する姿勢はすごいと思います。
でも、横文字が極端に苦手な二人、本当に大丈夫でしょうか?

いまのところ3人とも一生懸命勉強しているので、本人たち的には全員受かる予定です。
試験は5月末ですので、この記事を見た方は、励ましてやってくださいね。


コンテストに出場しました!

東京で行われたコンテストに、当サロン期待の星、リホChanが出場しました。

競技はクラシカルバックという基本中の基本スタイル。
オールバックというか、リーゼントというか、ちょっと見には昔のやんちゃそうな人が好みそうなスタイルです。
東方仗助の頭に似ています(笑)

ただ、このスタイルには理容のセット技術のすべてが込められており、これができれば応用でどんなスタイルもできてしまうというスゴイ種目。

出場者は、ほとんどの人が東京の学校や研究会で本格的な指導を受けている強者ばかりですから、浜松の個人サロンの技術が全国でどこまで通用するか楽しみです。

結果は...

優秀賞!!!
50名出場中、実質6位の好成績でした。

夜遅くまで練習した結果が出せて、ほんとうに良かったですね^^